「標準的な運賃」活用セミナー(基礎編・応用編)の開催について

令和2年4月に告示された「標準的な運賃」については、トラック事業者の荷主に対する交渉力が弱いことや、令和6年度から年間960時間の時間外労働の限度時間が設定されること等を踏まえ、運転者の労働条件を改善し、トラック運送業がその機能を持続的に維持していくため、参考となる運賃を示すことが効果的であるとの趣旨により設けられました。
本趣旨を踏まえ、【基礎編】と【応用編】に分け、下記のとおりセミナーを開催しますので、是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。

日 時 【基礎編】令和3年10月19日(火)13:30~15:30

【応用編】令和3年11月19日(金)13:30~17:00

場 所 山口市宝町2番84号 (一社)山口県トラック協会 研修会館 3階
内 容 【基礎編】・・・「標準的な運賃」告示の背景や概要、届出方法について

【応用編】・・・原価計算や、荷主との交渉方法、原価計算を反映した運行形態別運賃の考え方について

講 師 近代経営システム研究所 代表 森高 弘純 氏
その他 申込書(クリックすると開きます)により、下記期日までにFAX(083-925-8070)にて申込みをお願いします。
【基礎編】令和3年10月7日(木)/【応用編】令和3年11月5日(金)

応用編に出席の方は電卓の持参をお願いします。

・本セミナーは(一社)山口県トラック協会 会員事業所の方を対象にしたものです。

・新型コロナウイルス感染症対策として、以下の事項にご理解、ご協力をお願いします。
※定員を90名とさせていただき、定員になりしだい締め切りますのでご了承ください。
※こまめな手洗い、手指の消毒、マスクの着用をお願いします。
※咳、発熱等の風邪症状のある場合は受講を見合わせていただきますようお願いします。