梅雨期および台風期における防災態勢の強化について《中央防災会議》

例年、梅雨期及び台風期においては、各地で局地的大雨や集中豪雨が観測され、多数の人的被害及び住家被害が発生していることから、中央防災会議会長(内閣総理大臣)より、全日本トラック協会に対し、梅雨期及び台風期を迎えるに当たり、人命の保護を第一義とした防災態勢の一層の強化に対しての留意点について通知がありました。
また、本年4月28日成立・5月20日施行の改正災害対策基本法においては、災害時における円滑かつ迅速な避難の確保を促進するため、「避難勧告・避難指示」の避難指示への一本化、災害が発生する恐れがある段階での国の災害対策本部の設置等の措置を併せて講じることとなっています。
つきましては、会員事業者におかれまても本趣旨をご理解のうえ、災害時における円滑かつ迅速な避難の確保をお願いいたします。

 

梅雨期及び台風期における防災態勢の強化についてPDF形式