令和3年度「トラック輸送における省エネ化推進事業」の公募開始《国土交通省・パシフィックコンサルタンツ》

国土交通省と経済産業省資源エネルギー庁との連携事業である、令和3年度「トラック輸送における省エネ化推進事業」の公募が開始されました。

これは、トラック事業者が単独で省エネの取り組みを行うには限界があるため、「車両動態管理システム」「予約受付システム等」「配車計画システム」に加えて「AI・IoTによるシステム連携ツール」を対象としてこれらの導入に要する経費の一部を支援し、当該システムを活用したトラック事業者と荷主等との連携による輸送の効率化の実証を行う事業です。

 

【補助対象】(赤字は令和3年度の新たな実施内容)
① トラック事業者への車両動態管理システムの導入・活用
② 荷主等への予約受付システム等の導入・活用 ・予約受付システム等:予約受付システム、ASNシステム、受注情報事前確認システム、パレット等管理システム、パレタイズシステムが対象。
③ トラック事業者、荷主等への配車計画システムの導入・活用
④ AI・IoTによるシステム連携ツール(本年度より拡充)
 ・①~③のシステムと同時導入・連係するツールのみ補助対象(ツールの単独導入は不可)

 ・AIツールの例:自動積付計画システム、需要予測システム等
 ・IoT ツールの例:荷量情報管理機能システム等
 ・補助金上限額は、同時に導入する①~③のシステムの補助金合計額の1/2まで

 ※支払方法についての注意:原則、導入費用は振込支払いのみ補助対象(現金払い不可)
 ※申請書類は電子メール添付で提出(ただし、電子メール提出が難しい場合に限り郵送可(消印有効))

〖その他の主な変更点〗
①申請書や実績報告書等を電子メール添付で提出する場合は、原則として押印不要に
②車両動態管理システムはクラウド型のみ補助対象(メモリー型は補助対象とならない。)
③過年度に同事業を廃止・中止又は交付決定の取消しとなった事業者については、優先採択されない及び不採択とすることがある。(リース事業者等は除く)
④報告データについて、積載率の提出を必須化
⑤10日間でまとめた報告データの算出方法に誤りが無いことの確認のため、任意の車両1台の1運行毎のデータの提出を追加(中間・実績報告時、ファイル名は「サンプル車両の運行毎データ(総括表明細)」)

【補助対象】
省エネルギー効果1%以上の達成が必要

【受付期間】
1次公募:令和3年6月14日(月) ~ 6月25日(金)
2次公募:令和3年7月5日(月) ~ 7月16日(金)
3次公募:令和3年7月26日(月) ~ 8月6日(金)

【事業完了期限】
令和3年12月24日(金)まで

●問い合わせ先(補助事業執行団体):パシフィックコンサルタンツ株式会社 陸上輸送省エネ推進事業事務局

電話番号:03-5280-9501  平日9時~17時(12時~13時は除く)
メールアドレス:dotai_hojokin@03.pacific-hojo.jp

arrow  車両動態管理システムの導入補助を開始します!~令和3年度トラック輸送における省エネ化推進事業の公募を開始します~(国土交通省)

arrow  令和3年度トラック輸送の省エネ化推進事業(補助事業執行団体:パシフィックコンサルタンツ株式会社)