令和2年度「自家用燃料供給施設整備支援助成事業」の実施について

全日本トラック協会では、燃料費対策の一環として、「自家用燃料供給施設整備支援助成事業」を実施します。

1.主な助成要件
指定数量(1,000リットル)以上の軽油専用タンクの設置を伴う自家用燃料供給施設の新設、増設又は増設を伴う代替を行い、令和2年4月1日~令和3年2月28日までに消防(市町村又は地区消防組合等)より危険物取扱所の「完成検査済証の交付」を受け、当該設備の「支払いを完了」するもの。
*指定数量とは「危険物の規制に関する政令第1条の11」により規定。
*支払の完了には、割賦販売契約により導入した場合の「割賦販売契約締結(支払明細の確定)」を含む。

2.助成対象者
会員事業者、協同組合、連合会
※交付申請は年度内1施設限りとする。
※過去(平成20~26年度及び平成28~30年度及び令和元年度)に全日本トラック協会から同事業による助成金の交付を受けた会員事業者、協同組合・連合会は、助成対象外とする。

3.助成金額
軽油タンクの新設(設置1箇所分のみ)   100万円
軽油タンクの増設又は増設を伴う代替     30万円
※ただし、公募期間の初日等に申請が予算総額を超過した際には、1件あたりの助成金額を減額する場合がある。

4.助成金予算                1億円

5.公募期間  令和2年8月3日(月)~11月2日(月)
※申請額が予算額に達した場合には、申請の受付を終了する。
※公募期間内に助成金交付が予算総額に達しない場合は、 別途公募期間を設ける場合がある。

6.資料ダウンロード
交付要綱
実施要領
様式集(申請時)
様式集(実績報告他)

問い合わせ先
公益社団法人全日本トラック協会 経営改善事業部
東京都新宿区四谷3-2-5   TEL 03-3354-1056