大型車の車輪脱落事故防止のための「令和元年度緊急対策」の実施について

国土交通省自動車局整備課長より、全ト協を通じ、「大型車の車輪脱落事故防止のための「令和元年度緊急対策」の実施について」通達が発出されました。

この背景としては、平成30年度のホイール・ボルト折損等による大型車の車輪脱落事故発生件数は81件(うち人身事故3件)と3年連続で増加し、ピークとなった平成16年度の87件に迫る厳しい状況となったことがあります。

車輪脱落事故が発生した車両の傾向として、左後輪に脱輪が集中していることに加え、今般、新たにホイール・ボルトやホイールの錆の除去が不十分のままタイヤ交換されているおそれがあることが確認されたため、ボルトの錆の除去など適正な交換作業の実施、交換後、特に脱輪の多い左後輪の重点点検を大型車ユーザーに求めております。

傘下会員事業者においては、大型車の車輪脱落事故防止のため、下記「令和元年度緊急対策」に掲げられている実施事項を徹底していただきますようお願いします。

令和元年度緊急対策実施事項