第13次労働災害防止計画について《厚生労働省》

2018年4月から第13次労働災害防止計画が始まります

「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。


厚生労働省は、過労死やメンタルヘルス不調への対策の重要性が増していることや、就業構造の変化及び労働者の働き方の多様化を踏まえ、労働災害を少しでも減らし、安心して健康に働くことができる職場の実現に向け、国、事業者、労働者等の関係者が目指す目標や重点的に取り組むべき事項を定めた2018年4月から 2023年3月までの5年間を計画期間とする「第13次労働災害防止計画」を2018年2月28日に策定し、3月19日に公示しました。

これまでの労働災害防止計画により、労働現場における安全衛生の水準は大きく改善してきていますが、今なお年間1,000人近くの方が労働災害で亡くなっている現実があり、取り組むべき多くの課題が残っている状況を踏まえ、第13次労働災害防止計画は、労働災害を少しでも減らし、安心して健康に働くことができる職場の実現に向け、国、事業者、労働者等の関係者が目指す目標や重点的に取り組むべき事項を定められています。

会員事業者におかれましては、別添のとおり、計画の推進に取組みいただきますようお願いします。

 第13次労働災害防止計画の推進について 

 第13次労働災害防止計画について厚生労働省