睡眠時無呼吸症候群セミナーの開催について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、2003年2月26日に発生したJR西日本山陽新幹線での運転士居眠り運転による緊急停止事故をきっかけとしてクローズアップされ、その後も、2012年の関越自動車道における居眠り運転が原因とされるバスツアーの事故、2014年3月の北陸自動車道小矢部川サービスエリアにおける居眠りが原因とみられる事故、2015年1月の東京都大田区における居眠り運転が原因とされる路線バスの電柱衝突事故などが散見されます。
この度、山口労災病院 関 耕三郎医師による「睡眠時無呼吸症候群」をテーマとしたセミナーを下記のとおり開催いたします。
つきましては、何かとご繁忙のところかと存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席下さいますようご案内申し上げます。

1.開催日時 平成29年12月8日(金)14:00~16:00

2.開催場所 山口県トラック協会研修会館 3階 大会議室
山口市宝町2番84号 TEL083-922-0978

3.研修内容 「睡眠時無呼吸症候群」
山口労災病院 循環器内科 部長 関 耕三郎 氏

4.参加対象者 トラック運送事業者の経営者及び安全衛生担当者等

5.申込期日 平成29年11月30日(木)(期日厳守)(定員50名になり次第締め切ります。)

6.受 講 料 無料

7.申込方法 参加申込書にてFAX(083-925-8070)で陸災防山口県支部までお申込下さい。

8.睡眠時無呼吸症候群セミナー参加申込書