「トラック事業における総合安全プラン2020」の策定について

国土交通省は、平成29年6月30日、2020年までを計画期間とする「事業用自動車総合安全プラン2020」を策定、公表しました。

これを受け、全日本トラック協会では「トラック事業における総合安全プラン2020」を策定し、「第109回交通対策委員会」(平成29年9月11日開催)においてその内容が承認されました。

このプランでは、2020年までに死者数を200人以下とすること等、国土交通省から示された新たな目標を達成するためには、その重点施策に沿って、これまでトラック業界として取り組んできた各種交通事故防止対策を進めることに加え、死亡事故件数に係る新たな数値目標として「事業用トラックを第一当事者とする死亡事故件数を車両台数1万台当たり『1.5』件以下とする」ことを、各都道府県(車籍別)の共有目標とすることとなりました。

今後も、各都道府県トラック協会と連携しつつ、交通事故防止対策の一層の推進を図ることといたします。

 

 

 報道発表資料「事業用自動車総合安全プラン2020」を策定しました国土交通省

 

 「事業用自動車総合安全プラン2020」国土交通省) 

 

 「トラック事業における総合安全プラン2020」について (全日本トラック協会)